UFJ銀行でお金を借りる

UFJ銀行でお金を借りるメリットとデメリット

UFJ銀行でお金を借りるメリットとデメリット

三菱東京UFJ銀行の店舗数が多いため、多くの企業が給料の振り込み先として利用しており、自分の口座を持っている人が多いことでしょう。

 

即日でお金を借りたいとき、消費者金融の総量規制がない銀行のカードローンが何かしら便利で必要な時に必要なお金を借りることができるメリットがあるからです。

 

給料の振り込み先として使っている銀行のカードローンを利用すると審査が通りやすいと聞いて、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を利用することにしました。

 

バンクイックを利用して分かったメリットとデメリットを独自の判断で考えてみました。

 

 

公式サイトバンクイックのカードローンのメリット

 

バンクイックのメリットについて考えてみましょう。

 

バンクイックのみならず、銀行のカードローンは消費者金融と比べて金利が低いこと。

 

バンクイックの金利を見てみると、年1.8%?14.6%

10万円を借り入れした場合の利率は年12.6%?年14.6%
12ヶ月払いの返済計画を立てたとして初回の返済額は
元金 7,862円
利息 1,050円
返済額 8,912円 (12ヶ月目だけ8,919円)

 

月1万円を返済額に回しても、生活費を少しやりくりすれば、払えない金額ではないと思います。

 

利息分をなるべく抑えたい人はバンクイックをはじめ銀行のカードローンの方がお得ですよ。

 

それ以上にうれしいことは、給料の振り込み用の口座が三菱東京UFJ銀行。
入社以来15年以上の付き合いあることと、お金のやり取りの経歴が「在籍確認」として判断されやすく、銀行からよ確認の電話がない事例が多く報告されています。

 

在籍確認の電話をしてほしくない時の裏技は付き合いが長い銀行のカードローンを使うのが最大のメリットなのです。

 

しかし、口座が持ってない人は不利なのか?いやそうではありません。

 

専用のカードが発行されるだけで、新たに口座開設をする必要がありません。

 

この対応もバンクイックが高く評価される理由の1つです。

 

 

 

公式サイトバンクイックのデメリット

 

バンクイックのデメリットは即日にお金を借りたい時は、店頭のテレビ窓口にいく必要があります。本人確認の手間を省く目的があるのか、運転免許証を持参をすること。

 

この手間さえなければ良いのにと愚痴を漏らす人は多いはず。

 

また、口座の開設が不要とメリットに記しましたが、インターネットバンキングでの返済をしたい場合、自分の口座がないとできないとのこと。

 

銀行のATMや自宅や勤め先の近くにあるコンビニエンスストアのATMを利用すればか解決しますが、少し不便に感じるかもしれません。

 

即日にお金を借りたい人は、口座を持っていることが暗黙の了解のようで、平日の14時までに借り入れをお願いをるとその日のうちに振り込まれます。

 

もし、UFJ以外の銀行を頻繁に利用している人は、頻繁に利用している銀行のカードローンを申し込んだほうが良いのではないかと考えています。

 

 

公式サイト最後に: 便利に利用できるカードローンを

 

バンクイックは専業主婦 学生 年金受給者の利用が可能。借り入れを申し込んでから最短40分に振り込まれます。

 

ただ、実際に利用するのは皆さんです。皆さんの使い勝手が良い銀行のカードローンを利用するのがスマートに借り入れができるでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人はぜひ、ご検討していただければうれしく思います。

 

 

 

 

相手をいかに信用させるか!?お金を借りる時の言い訳とは

 

 

消費者金融などでお金を借りる際は、会社側から必ず「利用目的」の確認をします。個人間のやり取りでも同じこと。
お金を貸してもらえるようにどんなことに気をつければ良いのかお金を貸してくれる人に信用される言い訳を考えてましょう。

 

公式サイト相手を信用されやすい言い訳とは

 

相手がお金を貸すときに1番聞きたいところが「理由と目的」。お金を借りる側も、何のためにお金を使いたいのかを起承転結で説明する必要がありますよね。

 

例えば、税理士に資格が取りたいから学校の受講料。

 

電化製品が壊れたから新しく購入する代金

 

お葬式の香典

 

など多種多様の理由と目的が、消費者金融の窓口やWEB上でやり取りが行われていると想定して、どの項目が即日に借り入れができるかを考えると「お葬式の香典」でしょう。

 

消費者金融でお金を借りるということは急な用事ができたから、お金が必要ということですよね。

 

「今、お金が必要な理由」として審査の対象にしているとしたら、「お葬式の香典」がお金を借りるための言い訳をしても100%お葬式は急に飛び込んでくる事例なため、お金を借りる言い訳に使えますね。

 

自分の経験上で、「電化製品が壊れたから新しく購入する代金」が給料日前で手持ちのお金が足らずに消費者金融に1回限りという条件で「言い訳をした」内容は、「引っ越し費用に使いたい」と消費者金融の担当者さんに伝えたところ、即日に借り入れができました。

 

突然の出費が起こりうる「言い訳」は消費者金融も柔軟に対応してくれる傾向あり、参考にしてみてください。

 

 

公式サイトアクシデントを言い訳にする

 

公式サイト即日にお金が欲しい時に利用したい言い訳をまとめてみました。

 

・窃盗にあった

 

・財布を落とした

 

・給料日前なのに、病気にかかり医療費代が不足

 

・自動車の修理代

 

いかにも生活が困難と相手を思わせやすいのが「窃盗」や「空き巣」に入れたという理由。いかにも「給料日までお金が欲しい」時、「空き巣にあった」という理由で消費者金融に伝えたところ、審査が通りやすい傾向がある模様。

 

1回限定の言い訳しか使えませんが、今お金が必要の時に使える「理由」です。

 

 

 

 

公式サイト最後に:言い訳に味をしめないこと

 

嘘も方便という言葉があるように、緊急時に使える「言い訳」を使ってお金を借りることはアリだと考えています。

 

しかし、これに味をしめるて嘘の言い訳を続けると、詐欺行為を平気でやってのける人になってしまいます。

 

詐欺師にならないように、信用されやすい「言い訳」をほどほどに使ってくださいね。

 

親からお金を借りる場合、知らないと損すること

親からお金を借りる事態になる大きな出来事というと、結婚の準備やマイホームの頭金や起業を起こすときの資金などさまざなケースがありますよね。

 

自分の場合、マイホームを購入するための頭金を親から「半永久的」に借りて分譲住宅を購入しました。

 

この場合、注意しないと税金が取られるという話だそうです。

 

親からお金を借りるのになぜ、税金がかかるのか?その内容を見てみましょう。

 

 

 

公式サイト親からお金を借りるのになぜ?税金がかかるのか

 

マイホーム購入の際、私は200万円を親から借りました。
実はこの時点で「親からお金を譲り受けた」として親の財産を贈与したというみなされるのだとか。

 

正確に言うと「みなし贈与」と呼ばれるものです。

 

みなし贈与になる理由

 

・利子をつけないお金の貸し借り

 

・催促なし

 

・住宅ローンを組む際に交わす契約書が存在しない

 

・あいまい

 

親と自分との間には「契約書」は存在しません。無利子で200万円を借りました。

 

結論:「贈与税が発生してしまう」

 

お金を借りる際に利息が発生する理由は「正式なお金の貸し借り」が行われていること。お金の貸し借りに発生する無利息の部分に、贈与税が発生するということ。

 

身内からお金を借りただけで、税金を納める+お金を返すという負担も大きくなるのは目に見えています。

 

贈与税には贈与税控除というのがありまして、控除を使ってお金の負担を減らしてみましょう。

 

公式サイト贈与税の控除

 

贈与税の控除

「贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。
?続いて、その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。」

 

※国税局から一部抜粋
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

 

国税局の贈与税控除の説明をもとに親から借りた200万円に贈与税が発生するかどうか計算してみます。

 

200万円-控除額110万=90万円(課税価格)
そこから国税局で調べた200万円以下は税率10%を掛け算します。

 

課税価格90万×税率10%=9万円

 

※正式にいうと、この計算は「特別贈与財産用」20歳以上の成人が直系の祖父母 ・親 ・夫婦から贈与を受けた時に使います。
未成年の場合は「一般贈与財産用」を使います。詳しくは国税局のホームページで確認してください。

 

親から200万円借りた際に発生した贈与税は9万円。

 

9万円は国に納めることが分かりました。

 

 

脱税になる前に知って本当に良かったと思います。「知らなかった」では通用しないもしれませんので、無利子で親からお金を借りるときは税金がかかると覚えておきましょう。

 

公式サイト最後に:親と子の間での契約書は作っておく

 

贈与税がかかるということを
見てきましたが、税金対策として

 

・お金に利息をつける

 

・金銭借用書を作成をする

 

・お金のやり取りが分かるように金融機関の口座に返済額を振り込む

 

・お金を貸した当人の年収の範囲内でお金を完済できるか

 

以上のことを行うと正式な契約として見なされ、贈与税が発生しない。

 

税金対策の参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

お金を借りるおすすめの金融機関はここ

 

 

お金を借りる時、何を重視に考えますか?即日お金を借りたい。家族に内緒に借りたい。など状況によって何を重視するのか変わってきます。

 

主婦、20歳以上の学生など。消費者金融で借りづらい面を考慮して、条件が緩い銀行のカードローンを中心にご紹介します。

 

 

 

 

 

公式サイト全国どこにいっても安心のカードローン

 

公式サイト三菱東京UFJ銀行「バンクイック」

 

三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人は多いはず。
給料の振込先として、取引経歴が長いほど、バンクイックの審査は甘くなります。

 

気になる審査ですが、口座を持っている人は最短30分。
銀行内にあるテレビ窓口だと最短40分で即日の借り入れが可能です。

 

利用限度額は500万円まで。

 

金利1.8%?14.6%と金利が新しく設定されたので借りるのなら今ですよ!

 

 

 

公式サイトみずほ銀行「カードローン」

 

みずほ銀行のキャッシュカードがあれば、借り入れ申し込み後にすぐに利用できます。

 

利用限度額は1,000万円まで

 

大手の銀行のカードローンの中で最も金利が低いので有名でしたが、バンクイックの新金利の改正により若干 バンクイックの方が勝ってる模様。

 

年率3.5%?14.0% プランによって年率3.5%?7.0%になるため、みずほ銀行での返済実績をコツコツあげていきましょう。

 

 

公式サイトオリックス銀行のカードローン

 

大手銀行の金利の改正が行っていますが、オリックス銀行も負けてはいません。

 

年率1.7%?17.8%と1.0%の金利で300万円以上の借り入れが可能です。

 

利用限度額は800万円まで。

 

提携している銀行、コンビニエンスストアのATMの手数料は終日無料!時間外手数料も無料と無駄な出費が少ないのがオリックス銀行の強みです。

 

 

 

公式サイトネット銀行のカードローンでオススメ

 

公式サイト住信SBIネット銀行 カードローン
ネットの銀行のカードローンの中で1番金利が低いと言われています。

 

年率0.99%?7.99%ついに1%を切ってしまった。

 

利用限度額は1,200万円。

 

そのコースを使うにはSBI証券口座を持っていること、住信SBIネット銀行の住宅ローンをして組んでいることなど、条件は付いてますが、今後住宅を購入する際に、住信SBIネット銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

公式サイト楽天銀行スーパーローン

 

20歳以上の学生 フリーター と専業主婦専用のカードローンがあり、配偶者に安定した収入があれば借り入れは可能です。

 

金利も新しく改正され年率1.9%?14.5%とさらに低く設定されました。

 

利用限度額は基本800万円まで収入証明書が不要な範囲は300万円まで。

 

入会の特典として1,000ポイントがプレゼント。楽天のネットショッピングを頻繁に利用している、楽天銀行の口座を持っている人はぜひ、検討してみてください。

 

 

 

公式サイト最後に:ご利用は計画的に

 

専業主婦、20歳以上の学生が利用しやすいカードローンを選んでみました。皆さんの条件にあうカードローン探しの参考にしてくださいね。

 

最後に一言「ご利用は計画的に」

 

 

 

外国でお金を借りる時に困らないように英語のおさらい

お金を借りるを英語にすると
「borrow money」

 

外国の方からお金を借りるときの参考にしてください。

 

学生時代、英語の授業では借りるという単語に「rent」を使います。

 

お金のやり取りに使う時によって「borrow」「rent」を使い分けるみたいです。

 

 

 

 

公式サイト金融機関でお金を借りる場合

 

金融機関でお金を借りる時は「borrow」を使うのだとか。意味として金融機関で借りる時は.必ず利息が付きますよね。借りたお金に利息がつく時の交渉の際に使ってみてください。

 

簡単に言うと、後払いは「borrow」前払いは「rent」と言うように覚えておくと頭に入りやすいと思います。

 

某TSUTAYAでDVDを借りるるのことを「レンタル」と言いますよね。レンタル=「rent」と考えれば、一目瞭然ではないでしょうか。

 

クレジットのキャッシング、カードローンでのキャッシング、学生ローンの利用する時に使う単語は「borrow」です。

 

 

 

 

公式サイトお金を貸す時の単語

 

期間限定で何かを貸すというい意味の単語は「lend」

 

I rent monney to my brother
訳 私は弟にお金を貸している

 

「lend」と「rent」の違いわかりますか。

 

上の例文は「rent」を使いました。「lend」を使った単語がこちら。

 

I lend my book to a friend
訳 私は本を友達に貸しています。

 

この2つの違いは「有料」か「無料」の使い分けています。

 

お金を貸す時は「rent」を使います。
「lend 」「rent」「lease」すべて貸すというい意味の単語を有料 無料 契約の状況で使い分けるのがポイントです。

 

賃貸契約の場合は「lease」を使います。

 

お金を借りる お金を貸すを英語にすると状況によって単語も変わってくるので、間違った単語を使い続けている人が多いですが、少し覚えておくと英語圏の金融機関での交渉に役に立つと思います。

 

 

 

 

公式サイト最後に:さらに奥へ踏み込む

 

 

「lend 」はイギリス英語。アメリカ英語は「loan」
住宅ローンのローンは「loan」です。

 

「Can you loan me monney ?」
訳 お金を貸してください

 

この文章でも通用するみたいです。

 

簡単な英単語でお役に立てるのか不安ですが、お金を借りるという基本的な意味をご理解していただければうれしく思います。

 

どこの国の金融機関でお金を借りても返済期間とおりにお金を返すこと。決して踏み倒さずにお金にクリーンな人でいてください。

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読